ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

海外に向けて15.05.28

display150528.jpg

突然ですが、私の夢は海外旅行に行くことです。といっても中々そんな時間もなく...。そんな私のささやかな楽しみが、Googleマップを使って海外を歩くことです。アメリカ、中国、イギリス、オーストラリア...色々な国の色々な都市をネットを通して歩きました。そうして気になったのが、各国の都市部に置かれる店の看板やポスターです。色合いやデザイン、英文フォントも日本で使用されるものとは異なったデザインが用いられているものを見かけます。建物や道行く人以上に、各国の特徴が出ている部分でした。

最近ではハイチュウがアメリカをはじめ世界で大人気なことが話題に上りましたが、調べてみるとハイチュウの包装のデザインが各国によって変えられていました。アメリカで売られているものは色合いがとても鮮やかで、白地に果物の写真を配置した日本のデザインとは対照的になっています。また、おなじみのあのロゴマークも日本以外では全く別の鮮やかなデザインで統一されていました。

日本の商品が世界で注目を浴びたニュースや年々増加する観光者向けに新たなインバウンド事業の展開を企画する企業を近年多く見かけます。東京オリンピックを控えている今、観光者はこれからもどんどん増えていくのではないでしょうか。

日本独自のデザインに触れてその良さを知って欲しい気持ちもありますが、海外から来た観光客に対するアピールを、今まで日本人向けに作られていたデザインのまま使っても良いのか?という気持ちもあります。日本や、日本商品の良さを知ってもらうためにもまずは私たちが携わる販促物から海外のデザイン・ニーズを知っていく必要があるのではないでしょうか。

前回の東京オリンピックでピクトグラムの誕生というデザインの大革命が起きたように、今回のオリンピックでもまたデザイン界に新たな風が吹き込んでくるかもしれません!

色んな国のデザインを見て、たくさん勉強していきたいと思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
売れるディスプレイをご提案させていただきます。


↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/


↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。