ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

異素材を使ったアプローチ18.01.26

0126①.jpg

0126②.jpg


0126③.jpg


近頃、店頭にあるディスプレイには異素材を使ったものが多く見られます。


例えば、一枚目の写真は化粧品のディスプレイですが、商品の使用感を"雪"や"生チョコ"のようなと比喩的に表現し、そのイメージを連想させる異素材を効果的に使っていました。アップにしてみると、真っ白なフェルトの生地です。斬新なアイデアで、思わず触ってみたくなりました。
続いては、透明ペットを効果的に使ったディスプレイです。ペットそのものはかなり浸透していて、他の什器にもよく見られます。しかし、こちらは「飲み物を飲むときでも口紅が移らない」という商品特徴を伝えるため、思いきったカップの模型が付いています。売り場でもアイキャッチがあり、目立っていました。
このように、フェルトやペット、スペシャリティなどの異素材は、コストもかかるため闇雲に使うのではなく、意図を持ってうまく効果を発揮できるポイントで使うのがいいと思いました。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
売れるディスプレイをご提案させていただきます。
↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/
↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。