ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

せま~い中にひと工夫19.07.31

こんにちは、太田です。
日向がまるでサウナのように感じられる猛暑日が続いていますね...
あまり用もないのにお店にふらっと入って涼みたくなります(笑)

さて、これまで何度か書いてきていますが、最近の売り場は本当に限定されています。
制約の多い中でいかに目立つか?!これがとても難しい環境になっているのです。

棚に置いてもらってもPOPをつけられなかったり、すぐに入替えられてしまったり...
それならば、省スペースでデザインを自由にできるハンガー什器をつくっちゃうのも一つ手段です。


今日ドラッグストアでまず目に入ってつい触ってしまったのがこちら。

ハンダー舌.jpg


実はこちら、舌の部分がシリコンでできています。

舌ケア用品ということで、とてもシンプルではありますが触らずにはいられない存在感でした(笑)


また、こちらは台紙自体にPOPをつけずに紐部分を活用していました。
差し替えも簡単で、邪魔にならず、好きな所に付けられるという点で便利ですね!
見た目も綺麗です。

ハンガーファブリーズ2.jpg

こちらはハンガー什器でもテスターをあきらめない、クリップ付きのものです。
見た目少しごちゃっとしますが、省スペース化ができていますね!

ハンガーファブリーズ.jpg


そしてこちらは...
大きなラムネ型!!
一時話題になったこのラムネですが、大粒のパック商品もあります。
馴染み深いボトル型で什器を作ることで、あのラムネのシリーズなのか、とすぐにわかりました。

見た目のインパクトだけではなく、商品の認知度を活用した例と思いました。
手に取る時も、普通にかかっているよりちょっと楽しそうです。

ハンガーラムネ.jpg


ざざっと見てきたものを紹介しましたが、
どれも省スペース化に気を遣いながら、どのような見せ方をするかとても考えられていると思います。

お店側にとって設置がしやすく、目立つ→置きたくなってしまうツール
そのようなツールを日々改善を重ねて作成していくことで
これまで以上にお客様の目につき、商品の印象につながるのではないでしょうか。

みっちりと販促物が並ぶ店内で良い意味で浮けるようにしたいですね!!


                  
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
売れるディスプレイをご提案させていただきます。
↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/

↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431


お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。