ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

一周回ってこれが正かもしれない什器21.02.09

皆さんこんにちは。 最近神保町の【ビストロべっぴん舎】さんでカシミールカレーを食べて、 あまりのスパイスの辛さに、食べてる最中の記憶がほぼなくなった、東京営業部田中ですっっ!(息切れ)) おすすめは1か2辛です。調子に乗って4辛にすると、脳天から震えます。 ただそれが癖になっちゃうんだよな~


さて、ホットなカレー話で、アイスブレイクもしたところで、
そろそろ本題に行きましょう。

今回は、【凝った形状、デザインもいいけど、一周回ってシンプル イズ ザ ベストなんじゃないの什器】のご紹介を!


シンプル什器.jpg


ダダ―ン!


たくさん陳列されている商品の中で、どのように自社商品を目立たせるか、メーカーさんは課題にされているかと思います。
隣の什器に負けないように、とにかく目立つ色使い、POPUPをたくさん付けてにぎやかにする。
それも正だと私は思います。
ですが、こちらの什器のテスター台のように、透明PETにスミ1色印刷のみで、
オシャレ、かつ、什器に埋まっている部分の商品も全体がしっかり見える、そんな素敵什器にすることも可能だと気が付きました。
周りがにぎやかなこともあり、パッと目についたのです。

さらに費用面でも、4色印刷で紙に印刷する場合と、1色印刷でPETに印刷する場合ですと、
後者の方が、コストダウンを図れるかもしれません。


最近は、商品陳列部分の土台を、ただ商品が挿せるように透明PETをくり抜いただけの什器を、本当によく見かけます。
恐らく流行っているのだと、コスメ什器マニアは思いました。。。
皆さんも店頭で、コスメ什器の土台を見てみてください。


まずは試しにお見積りからでも構いません。
今までとは違ったやり方で、自社の商品を目立たせてみませんか?
どしどしご連絡、お待ちしております。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの

ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。

売れるディスプレイをご提案させていただきます。

↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓

https://www.displayland.jp/contact/

↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓

東京:03‐5484‐2228

大阪:06‐6768‐7431

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。