ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

情報の選択15.11.24

今はSNS、インターネットなどでたくさんの情報が手に入ります。
色々な角度からの情報が手に入るのは良いことですが、情報過多になりすぎて結局どの情報を信じればいいのか、何があったのか分からなくなることもしばしばです。
これはモニタ上のネット世界だけでなく、店頭でのDPやPOPにも言えることではないでしょうか。
POPの役割はまずお客様に興味を持たせたり、手にとってみたい、試してみたいと思わせたりすることにあります。しかしPOPに情報がつめこまれすぎると、かえって見る側からすると「結局この商品のウリはどこなんだ?」と混乱を招く恐れがあります。
人と話していても一度に多くを語る人と話すと混乱してしまいますが、POPやDPといった販促ツールも店頭でメーカー側や店員の代わりにお客様とコミュニケーションをとる役割を持っているので同じ事が言えるのではないでしょうか。
21.jpg
制作しているとついつい「あの情報も載せたい!」「これも知ってもらいたい!」と情報をつめこみがちになりますが、お客様がその情報を知りたいかどうか見極め、より大事なことを分かりやすく伝えるために選び削っていくことも大事なことだと思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
売れるディスプレイをご提案させていただきます。


↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/


↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。