ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

ディスプレイとしてのパッケージ18.05.18

店頭での主役はもちろん商品です。

ディスプレイは商品の魅力をより視覚的にわかりやすく伝える手段です。

どのようにディスプレイするかも商品のパッケージによって大きく変わってきますし、

またパッケージ自体がディスプレイとして大きな役割を果たします。


IMG_2378.jpg


IMG_2094.JPG


...とはいっても商品の容器はそう簡単に変えられませんよね。

ということで紙やプラスチックの箱パッケージを期間限定で変えて、

ディスプレイとして変化を持たせているブランドは多く見かけます。

IMG_2380.jpgのサムネイル画像


棚の中で販促物なく並べられていても、その時期にアピールしたい点を表すことができます。

どこに置かれても目立つ、アピールポイントがわかりやすいというのは

とても重要なことではないでしょうか。

最近はお店さんの都合もあってあまり販促物を展開できない場所も多いため、

期間限定のパッケージをディスプレイの一部として考えられるのも有効かと思います。


出かけられた際には販促ツールと合わせて、パッケージにも注目してみてはいかがでしょうか!


お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。