ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

フォントの力18.06.20

「言葉でいかにわかりやすく商品を伝え、印象付けさせるか」
ディスプレイデザインの際に重要なポイントだと思います。

ドラッグストアやバラエティショップで展開されているディスプレイの多くは
商品陳列によって見えない部分が多いです。
限られた少ないスペースの中で商品を紹介するのは文字であり、
それは一目でみてわかりやすいものでなければ立ち止まってもらえません。

素敵なコピーを考えるのはもちろん、今回はフォントに注目したいと思います。

IMG_3400.JPG
IMG_3406a.JPG













強い効果をアピールする強いフォントや、モダンでおしゃれな雰囲気を伝える細いフォントなど、
商品に合わせてインパクトある選択がされていました。
同じゴシック系でも太さや配置が違うだけで、かなり印象が違いますね。


IMG_3401.JPG IMG_3404.JPG

フェイスケア用品では、うるおいを感じさせる流れるようなフォントだったり、
手書き風の親近感を与えるデザインを活用していました。
ポップアップや色味も合わさって、棚全体の空気感を作り上げているように思います。

また、インスタグラムやツイッターを意識した「#(ハッシュタグ)」もよく見かけます。
こちらもやはり、親近感を与えることと、短い言葉で印象付けを狙っていると思われます。


IMG_3403.JPG IMG_3405.JPG

化粧品のディスプレイでは特に、ターゲットの女性にいかに目にとめてもらうかを工夫しているようです。
今回はドラッグストアを中心に取り上げましたが、文具やお菓子でも同じことが言えます。

印象をがらっと変えることのできるフォントをうまく活用して、
惹きつけるディスプレイを作っていきたいですね!



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/

売れるディスプレイをご提案させていただきます。

↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431







お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。