ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

背景、どうする?18.09.06

店頭にいくと可愛らしいディスプレイがたくさんありますが、
ディスプレイの世界観が固まっていればいるものほど「可愛い度」は比例して高くなる気がします。
ディスプレイの世界観を固めるパーツ...もちろんバックボードのデザイン、注目度の高いポップアップなども大切ですが、ディスプレイの背景そのものも世界観を固める部分としてとても重要なパーツです。


木目調.jpeg
テクスチャ背景の定番、木目調!文房具・美容品などジャンル問わず活躍する模様です。
ナチュラル感を演出でき、商品に肌や環境に優しい印象を持たせることもできます。

タイル.jpeg
清潔感、使用感を演出、タイル調!
洗面所や浴室をイメージできるタイル柄。商品に清潔感を持たせることができる上に、どこで使用するものなのかをすぐに連想してもらうことができます。

タイル鮮やか.jpeg
こちらもタイルを連想しますが、具体的なシーンというよりは商品の世界観を強く押し出す模様ではないでしょうか。バックボード・ポップアップ・パッケージよりも地模様がまず目に入るアイキャッチ的な役割を持っています。

カゴ.jpeg
ディスプレイ全体で何かを象るものもあります。
こちらは商品がカゴに入っているように見せたディスプレイでしたが、
下の模様は籠の網目を思わせるものになっていました。絵で表現するだけでなく、ポコポコとふくらみをもたせ質感を出していました。
目立たない部分ではありますが、こういったところにこだわることでディスプレイとしての完成度は高くなりますね!

派手にしすぎると商品・訴求が見づらくなってしまう分、難しい部分ではありますが作り手としても凝りたくなってしまうパーツ。これからも注目してチェックしていきます!

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。