ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

キャッチコピーによる印象18.09.28


はじめまして!9月から入社致しました大阪営業部の岡本です。
今回初めて書かせて頂くので色々迷いましたが、販促には欠かせないキャッチコピーについて書かせて頂きます!!

昨今、文章やキャッチコピーはビジネスの世界では必要不可欠です。
人は55%が視覚、38%が聴覚、7%が言語だと言われており、どうアプローチをかけるか、五感刺激のプロモーションが大切です。

今回は文章に焦点を当て、
よく街で見かけるこのキャッチコピーを暴いていきます!


キャッチコピー.JPG


この「0.3秒に1個売れてます!」というキャッチコピーよくみかけますよね。
実際どのくらいすごいの⁈と毎回疑問に思います。

0.3秒に1個売れているということは1時間に直せば
1÷0.3×3600=12000個 の売上

1年間で換算すると
12000×24×365=1億512万個 の売上

2018年の人口統計では15歳~69歳までの人口約8559万人
年間売上数で割ると
10512000000÷85590000=1.23個

年間に平均1.23個買うということ
0.3秒に1個売れている=平均して1人年間1個買う。
つまり1年間に1個しか購入しないということになります。


表現方法を変えるだけで受け手の印象が変わる。これを心理学ではフレーミング効果と呼びます。
また、「みんな買ってるなら買おう!」など、他人と同じ行動をとることで安心感を得るバンドワゴン効果もこれに当てはまります。

もっと時間軸を広げるとどうなるのか?トータルではどうなるのか?と言ったことは、常日頃から考える癖をつけると、
上手く人生が送れるのかなーと思います。
ディスプレイpopにとってキャッチコピーや文章でアピールするのはかなり重要になります。売り込みたい客層、ターゲットを絞ったうえで
心理的に購入者の心を購買モードに転化出来ればおもしろいですね!


お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。