ディスプレイをご検討の企業様はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイアドバイザーの「売れる」視点 一覧

「出して魅せる」だけじゃない!19.06.14

こんにちは、東京Nです。


ディスプレイを作る際、TOPボードにインパクトを持たせるにはPOP UPはかかせない存在となっています。平面のTOPボードから飛び出たPOP UP...たしかに存在感抜群です。
だけどもう少しバラエティに富んだアイディアがほしい...
そんなとき、あえて「引いた演出」をしてみるのはいかがでしょう!
立体トップボード.JPG


こちらは店頭で見かけた化粧品のディスプレイ。


そう、TOPボードに奥への空間を作る事で立体的でインパクトのある魅せ方が可能になります。
前へ前へと出るのではなく、あえて奥へとレイヤーを重ねていくことで広い空間を使った演出が可能になりディスプレイの持つ世界観が一気に強まります。
完全に立体にするのはお金がかかりすぎる...という場合も、例えば一部に穴の空いた大きいPOP UPを貼り、訴求したいポイントは穴から見える、なんて魅せ方も意外性があり面白いですね。


弊社でもそういった演出をした実績が過去にあります。
https://www.displayland.jp/blog/2018/05/post-88.html

一工夫のアイディアで思わず目を引くディスプレイをご提案していきます!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

化粧品・文具・アパレル・食品等の紙製什器、ディスプレイの
ご発注をお考えのご担当者様はこちらまで。
売れるディスプレイをご提案させていただきます。

↓↓↓↓お気軽にお問い合わせ下さいませ。↓↓↓↓
https://www.displayland.jp/contact/

↓↓↓↓お電話はこちらまで↓↓↓↓
東京:03‐5484‐2228
大阪:06‐6768‐7431

お急ぎの場合は「ディスプレイ担当」までお電話ください<東京・神奈川・千葉・埼玉・近畿(2府4県)の企業様限定とさせて頂きます> 東京 03-5484-2228 大阪 06-6768-7431 同業者からのお問い合わせは、内容によりお断りさせて頂く場合がございます。