ブログ

ディスプレイの「コピー」を比較!

こんにちは!

学生の頃からジャニーズ、坂道といったアイドルが好きな

東京企画営業部の星です!

最近は、なにわ男子の大西流星くんをライトに推しています。

彼はメイク好き、メイク上手として知られていまして、

記事のインタビューなどで「メンズメイクがもっと浸透してほしい!」

といっているのをよく目にします。

徐々に男性のメイク文化が進みつつあることを実感した

什器を、今回は2点まとめて紹介いたします。

こちらのコンシーラーの什器と、

こちらのスキンケア、ファンデの什器です。

いずれも「男性向け」のコスメの什器です。

形状やデザインにフォーカスして什器や販促物をご紹介することが多い、

こちらのブログですが、今回、注目したのは「コピー」です。

一つ目の什器に大きく描かれているのは

「メイク? イッツ イージー」

メイクはスキルが必要なのではないか、、敷居が高そうと思って手に取れない方に向けて、気軽に使えるという商品のポイントを最大限アピールしたコピーです。

「俺は、コスメを使う。」

二つ目の什器に書かれているコピーは、

「メンズが日常的にコスメを使うのは当たり前の時代である」ということをテーマに、コスメをはじめてトライしようとしている層を、

コスメを使うことのかっこよさやメンズコスメに対するイメージをアップさせ、後押しさせています。

「俺」という言葉のチョイスにより男性らしさを感じさせているのも、

ポイントだと思います。

どちらの什器もメンズコスメの流行を感じさせ、

手にとりやすさを意識した商品・コピーである点は共通しています。

商品の独自の特徴を推すか、ブランドのイメージを訴求するかという面で、

対照的な表現となっており、

比較しながら、メインのコピーの重要さを感じることのできる什器の紹介でした!

イデイでも販促物のデザインの際には、

商品の特徴に合わせた訴求内容や見せ方も、

ご提案させていただいております!

販促物制作の際は、ぜひお気軽にお問合せください。